原価がどんなに高くても、そのモノやサービスに価値がなければ 「原価+利益の値段」 で、売れるはずがありません!

飲食店コンサルティング 食ビジネスコンサルティング フードビジネスコンサルティング サービス業コンサルティング 札幌 北海道

あの経営の神様
「稲盛和夫さん」 が言うところの

★ 値決めは経営 ★

 ↓ ↓ ↓

稲盛和夫さんの
言葉や文章の中でも
有名な一節が下記です!

 ↓ ↓ ↓

【値決めは経営である】

経営の生死を制するのは
「値決め」 です

値決めにあたっては
利幅を少なくして大量に売るのか
それとも少量であっても
利幅を多く取るのか
その価格設定は無段階で
いくらでもあると言えます

どれほどの利幅を取ったときに
どれだけの量が売れるのか?

または
どれだけの利益が出るのか?
ということを予測するのは
非常に難しいことですが

自分の製品の価値を
正確に認識した上で
「量」 と 「利幅」 との 「積」 が
極大値になる一点を求めることです

その点はまた
お客様にとっても会社にとっても
共にハッピーである
値でなければなりません

この一点を求めて
値決めは熟慮を重ねて
行なわれなければならないのです

お客様も喜び、自分も儲かる
「値段のポイント」 は 「一点」 である

上記を
箇条書き的にまとめると …

◎ 値決めとは
  お客さんが喜んで買ってくれる
  最高の値段 (最大の) を決めること

◎ 値決めは、高いから悪い
  安いから良いということではなく
  どういう値決めをするかということ
  それが経営そのものである

◎ 原価+利益=売価という
  原価主義で売価を決めない

◎ 先に売値があって
  その売値に合わせるように
  どうやって原価を下げるかという
  それこそが現代の経営

◎ 原価がいくら高くても
  そのモノに価値がなければ
  「原価+利益の値段」 で
  売れるはずがない

◎ お客さんが
  その価値を認めてくれるのであれば
  その価値で売る

◎ 値決めとは
  原価主義で決まるのではない
  マーケットが認めてくれる値段が先行し
  それで利益をどう出すか
  それが経営である

「そんなのわかってるよ」
そういう経営者さんに限って

一番わかっていないパターンが
多かったりするわけです!

上記をふまえて
メニューの売価設定について
飲食会社クライアントさんへ
いつもお伝えしているのが …

① 料理+サービスの 「価値」 を
  お客様視線で 「正確に判断」 した上で

② メニュー1個あたりの利幅と
  販売数量の 「積」 =つまり売上利益が
  「極大値」 となる 「1点の売価を求める」

③ その 「1点の売価」 は
  お客様が喜んで買ってくださる
  最大の売価にしなければならない

④ 最初に
  こうして熟慮を重ねて
  決めた価格の中で (先に値決め)

⑤ 最大の利益を生み出す
  経営努力が必要となる
  (売上を最大限に/経費を最小限に)

⑥ その際には
  材料費や人件費などの
  諸経費がいくらかかるといった
  固定概念や常識は一切捨て去るべきです

  仕様や品質など
  与えられた要件をすべて満たす範囲で
  メニューやサービスを
  最も低いコストで提供する努力を
  徹底して行なうことが不可欠です

「売価=値付け」 は
「経営そのもの」 なのです!

売価=値付けを
現場責任者 (店長) や
社員に任せてしまった瞬間

それは 「経営者」 が
「試合放棄」 したのと
「同じこと」 です!

飲食店コンサルティング 札幌 北海道 食ビジネスコンサルティング フードビジネスコンサルティング サービス業コンサルティング
★ 「知識+経験+運営能力+情報力」 という
  いま必要とされる 「4大テーマ」 を
  自社だけで (自店だけで) まかなうのは
  「非現実的」 かもしれません!

例えば
お客さんの数を 「10%増やす」
そんな作戦を考える時に

1つしか
「思いつかなかった作戦」 を
実行していくよりも

10個の 「作戦アイデア」 から
「選ばれた1個の作戦」 を
実行する方が …

当然ですが
「当たる確率」 も 「高く」 なります

飲食店コンサルティング 札幌 北海道 食ビジネスコンサルティング フードビジネスコンサルティング サービス業コンサルティング

◎ 知識の少ない人
◎ 経験の少ない人
◎ 能力の低い人
◎ 情報力の少ない人

上記のような人たちが

 ◎ 10人集まっても
 ◎ 50人集まっても
 ◎ 100人集まっても

… 何も解決しないわけです!

 ↓ ↓ ↓

そこに残るのは
「一緒に悩んだ」 というような
役に立たない 「変な満足感」 だけ??

飲食店コンサルティング 食ビジネスコンサルティング フードビジネスコンサルティング サービス業コンサルティング 札幌 北海道

そこで …
一時的に (1~3ヶ月間) だけでも

ご自分 (自社) の
内側にある 「脳の引き出し」 ではなく

ご自分の (自社) の
外側 (外部の) にある
「脳の引き出し」 を活用した時に

あなたの会社やお店に
どのようなイイことが起こるでしょうか?

◎ 内側=
  ご自分 (経営者)+
  自店(自社)幹部+スタッフの
  知識・経験・情報力などの “引き出し”

◎ 外側=
  外部コンサルティング会社などの
  知識・経験・情報力などの “引き出し”

  ↓ ↓ ↓

「内側の引き出しだけ」 では
気づかなかった …

① 「自店(自社)の強い部分」 が
  見つかります

② 「なぜ新しいお客様が来るのか?」 が
  見つかります

③ 「なぜ既存のお客様がリピートするのか?」 が
  見つかります

さらに 「内側の引き出しだけ」 では
知り得なかった …

④ 「他店(他社)の集客に関する成功事例」 を
  知ることができます

⑤ 「他店(他社)の成功事例」 を
  「自店(自社)に応用する方法」 を
  知ることができます

⑥ 「完全第三者としてのお客様の生の声」 を
  知ることができます

具体的には
下記のようなサポートを

弊社では20年間以上にわたって
行ない続けております!

飲食店コンサルティング 飲食店メニュー開発 メニュー開発 戦略的メニュー開発 札幌 北海道 食ビジネスコンサルティング フードビジネスコンサルティング サービス業コンサルティング 飲食店支援 飲食店経営支援

★ お問い合わせは
  今すぐ 「下記ボタン」 から

↓ ↓ ↓

フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平

▼ 食ビジネス経営の参考書 (閲覧無料)

↓ ↓ ↓

飲食店コンサルティング 札幌 北海道 食ビジネスコンサルティング フードビジネスコンサルティング サービス業コンサルティング


【食ビジネス経営の参考書ブログ 最新投稿】

Thumbnail of new posts 067

: マネージメント・戦略・戦術

いったい、どこを突っつけば … スタッフのモチベーションが上がるのか?

さて、いったい、どこを突っつけば スタッフのモチベーションが上がるのか? 1人で ...
Thumbnail of new posts 087

: マネージメント・戦略・戦術

上位 「5%」 の 「超・お得意様」 が … どれほど多くの貢献をしてくれているか?

上位 「5%」 の 「超・お得意様」 の お客様たちが 知らないところで どれほ ...
Thumbnail of new posts 091

: マネージメント・戦略・戦術

自分の脚で動いて獲得した 「知見=ちけん」 vs 「本やネットで記憶した知識」 … 「深さがぜんぜん違い」 ます!

“Insight" インサイト … 自動車の名前じゃありません (笑) 直訳する ...
Thumbnail of new posts 074

: マネージメント・戦略・戦術

かっこ良いか?どうか?と、お店の売上とは、関係があるのか?

かっこ良いか?どうか? 私は、その前に … らしいか? らしくないか? それを ...
Thumbnail of new posts 027

: マネージメント・戦略・戦術

まるで 「神の力が働いた」 かのように 「お客さんが増えている」 のは、「4種類の外部の要因の影響」 です!

日に日に 混んできているのを ハッキリ感じ取れるのが 日本生命札幌ビル NOAS ...
Thumbnail of new posts 189

: マネージメント・戦略・戦術

まるで 「友だち食堂?」 … それはビジネスというよりは、趣味の世界?

まるで “友だち食堂" のように 知人・友人を お客さんとして集めてきて 「あー ...
Thumbnail of new posts 087

: マネージメント・戦略・戦術

飲食店のブランディング 「PART3」 … 代表的な 「40個の要素」

  【A】メニュー (商品) による    … 「飲食店ブランディング」 1. ...
Thumbnail of new posts 070

: マネージメント・戦略・戦術

“〇〇〇〇〇のようなお客さん” に来てもらいたい … ブランディング 「PART2」

ブランディングとは … さまざまな解釈があるのですが … その一つが (この画像 ...
Thumbnail of new posts 041

: マネージメント・戦略・戦術

お客様は 「スタッフから説得されたい」 のではなく 「自分自身で納得したい」 のです!

お客様は …  ♬ スタッフから    「説得」 されたいのではなく  ♬ 自分 ...