「事実=じじつ」 は 「1つだけ」 だが 「真実=しんじつ」 は 「人の数だけ存在する」

飲食店コンサルティング 飲食店メニュー開発 メニュー開発 戦略的メニュー開発 札幌 北海道 食ビジネスコンサルティング フードビジネスコンサルティング サービス業コンサルティング 飲食店支援 飲食店経営支援

「事実」 と 「真実」 とは

似ている言葉ですが
「似て非なるもの」 です!

 ↓ ↓ ↓

「事実=じじつ」 は
リアルに起こったことなので
「1つだけ」 ですが …

「真実=しんじつ」 は
「人の数だけ存在する」
などと言われています!

「事実」 は 「客観的」 ですが

「真実」 や 「正義」 は
あくまで 「主観的」 なので

人の価値観によって変わるものです

ですから
「真実=しんじつ」 とは
「1つではない」 のです!

※ 客観的
特定の立場にとらわれず
物事を見たり考えたりすること

※ 主観的
自分1人 (自分オリジナル・自分視点) での
モノや事実の 「見方・感じ方」



皆さんが
「正しい」 とか 「間違っている」
などを 「判断している基準」 は

「事実」 ではなく 「真実の方」 を
「基準にしている」 ことがほとんど?

ところが 「真実」 が
「数多く・いくつもある」 としたら

「正しいこと」 も 「いくつもある」
ということになります (笑)

 ↓ ↓ ↓

ちなみに 「事実=じじつの方」 には

「正しい」 も 「間違っている」 も
ありません!

「事実=じじつ」 は
そのまま 「事実=じじつ」 です

変えることや
編集することは出来ません!



昭和の時代に
学校生活を送ってきた人たち
(もちろん私も含む) は

【 正解は1つ 】だけ!

そのような教育を受けて
… 育ってきました!

だから、いまの時代に
私を含めた 「そうした人たち」 は

「1つの考え方」 や
「1つの思想」 だけが 「正しい」

そのような
「ステレオタイプ」 になりやすく

動きの速い今の時代に
苦労して生きている人たちも
多いかもしれません



最近だけで観ても

あまりにも 「真実が多すぎて」

何を信じて良いのか
わからなくなっている
そんな 「トピックス」

 ↓ ↓ ↓

① コロナのワクチンについて
  (効く? 効かない?)
  (カラダに良い? 悪い?)

② 地球温暖化について
  (ホント? ウソ?)

③ アルコール消毒について
  (効く? 無意味?)

④ 次亜塩素酸水について
  (効く? 効かない?)

⑤ マスクについて
  (意味ある? 意味ない?)

飲食店コンサルティング 飲食店メニュー開発 メニュー開発 戦略的メニュー開発 札幌 北海道 食ビジネスコンサルティング フードビジネスコンサルティング サービス業コンサルティング 飲食店支援 飲食店経営支援

「トム・ソーヤーの冒険」 の
著者として知られる

マーク・トウェインの名言

♬ 「真実」 が
  「ズボンをはく間」 に
  「ウソ」 は
  「世界を半周」 する ♪

ということで …

人は、真実よりも
「よくできた作り話」 に
飛びつくわけです!



すべての判断基準は
自分自身の感性次第!
そうなのであれば …

多くの物事を
自分の目で見ることによって

その自分の目で見た数だけ
様々な 「真実=しんじつ」 を
… 発見できる

多くの、事実や真実に接する
「経験」 「体験」 が …

自分の成長につながるということ!
…でしょうね

まったく異なる業種の
「成功アイデア」 を
「自社の仕事へ応用」 する
それが 「視察の醍醐味」
飲食店コンサルティング 札幌 北海道 食ビジネスコンサルティング フードビジネスコンサルティング サービス業コンサルティング

視察や調査という目的で
クライアント社さんの
幹部社員を連れて

商業施設を
チェックに行くことがあります

ところが、出てくる言葉には
「ダメ出し系・アラ探し系」 が多いのが
… リアルな現実です!

ダメな部分を見つけても

視察や調査の目的は
達成されないと思います

たとえば
客単価1万円を超えるような
高単価型レストラン社員さんたちが
視察に行き

100円~300円で
コーヒーを販売されている繁盛店から

自分の 「高単価型レストラン」 へ
応用できるアイデアを見つける!

こういったことが
「視察の醍醐味」 である!

そのように、私は思っています

飲食店コンサルティング 飲食店メニュー開発 メニュー開発 戦略的メニュー開発 札幌 北海道 食ビジネスコンサルティング フードビジネスコンサルティング サービス業コンサルティング 飲食店支援 飲食店経営支援

★ お問い合わせは
  今すぐ 「下記ボタン」 から

↓ ↓ ↓

フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平

▼ 食ビジネス経営の参考書 (閲覧無料)

↓ ↓ ↓

飲食店コンサルティング 札幌 北海道 食ビジネスコンサルティング フードビジネスコンサルティング サービス業コンサルティング


【食ビジネス経営の参考書ブログ 最新投稿】

Thumbnail of new posts 132

: マネージメント・戦略・戦術

いったい、どこを突っつけば … スタッフのモチベーションが上がるのか?

さて、いったい、どこを突っつけば スタッフのモチベーションが上がるのか? 1人で ...
Thumbnail of new posts 104

: マネージメント・戦略・戦術

上位 「5%」 の 「超・お得意様」 が … どれほど多くの貢献をしてくれているか?

上位 「5%」 の 「超・お得意様」 の お客様たちが 知らないところで どれほ ...
Thumbnail of new posts 036

: マネージメント・戦略・戦術

自分の脚で動いて獲得した 「知見=ちけん」 vs 「本やネットで記憶した知識」 … 「深さがぜんぜん違い」 ます!

“Insight" インサイト … 自動車の名前じゃありません (笑) 直訳する ...
Thumbnail of new posts 010

: マネージメント・戦略・戦術

かっこ良いか?どうか?と、お店の売上とは、関係があるのか?

かっこ良いか?どうか? 私は、その前に … らしいか? らしくないか? それを ...
Thumbnail of new posts 122

: マネージメント・戦略・戦術

まるで 「神の力が働いた」 かのように 「お客さんが増えている」 のは、「4種類の外部の要因の影響」 です!

日に日に 混んできているのを ハッキリ感じ取れるのが 日本生命札幌ビル NOAS ...
Thumbnail of new posts 093

: マネージメント・戦略・戦術

まるで 「友だち食堂?」 … それはビジネスというよりは、趣味の世界?

まるで “友だち食堂" のように 知人・友人を お客さんとして集めてきて 「あー ...
Thumbnail of new posts 070

: マネージメント・戦略・戦術

飲食店のブランディング 「PART3」 … 代表的な 「40個の要素」

  【A】メニュー (商品) による    … 「飲食店ブランディング」 1. ...
Thumbnail of new posts 082

: マネージメント・戦略・戦術

“〇〇〇〇〇のようなお客さん” に来てもらいたい … ブランディング 「PART2」

ブランディングとは … さまざまな解釈があるのですが … その一つが (この画像 ...
Thumbnail of new posts 064

: マネージメント・戦略・戦術

お客様は 「スタッフから説得されたい」 のではなく 「自分自身で納得したい」 のです!

お客様は …  ♬ スタッフから    「説得」 されたいのではなく  ♬ 自分 ...