隠れていた「発想力」が魔法のテクニックでよみがえる

2013年5月20日


あなたの発想力は隠れています。魔法のテクニックでよみがえります!

支配人・店長・料理長・マネージャーの皆さんは
良きにつけ悪しきにつけ、毎日が『悩み事の連続』ではないでしょうか?

メニュー開発(新規&既存メニュー改造)、集客のための企画
コスト削減のため多くの取引先との交渉、パート・アルバイト・部下社員などの人員問題、理解してくれない経営者とのコミュニケーション

つまり、会社の中で自身のポジションがアップして行くのと同時進行で
カラダを使う仕事の時間が減り、アタマを使う仕事の時間が増え
これに合わせて、自分自身を変えなくてはならない、ということではないでしょうか?

ある日突然、経営者から「発想力」を求められるようになりますが
いきなり言われても、すぐに対応できるものでもありません

なぜなら
毎日、同じような時間に「電車・地下鉄・自家用車」に乗り
同じようなルートを経由して仕事場に到着する
同じようなスケジュールで仕事をこなし
同じような時間に同じようなメニューで昼食をとり
同じように後片付けをして
また、同じようなルートと同じような交通機関で家に帰る

一般的な会社勤めの方々の、このようなリズムの中からは
「発想」が生まれてくるのが難しいのです

簡単に取り組める方法は
ほんの少しでも良いので、毎日のリズムを変えること

自家用車通勤であれば、毎日違うルートを通る
電車や地下鉄通勤であるのなら、違う路線に乗ってみる
などで、少しは「発想力」が生まれるかもしれませんが
これも面倒ですよね!

私のおすすめは、「オズボーンの法則」という
50年以上も前に発表された手法ながら、今も十分に通用する
「魔法のテクニック」です

※ アレックス・F・オズボーンは、あの「ブレイン・ストーミング」という言葉の生みの親でもあります

下記をクリックすると、大きい画面が別ウィンドウで開きます

具体的に、どうやってこの法則を使いこなせばよいのか?
メールやコメントでリクエストをいただければ、無料でヒントをプレゼントします
お気軽にコンタクトください

【食ビジネス経営の参考書ブログ 最新投稿】

Thumbnail of new posts 107

: マネージメント・戦略・戦術

店舗型ビジネスに必須 …あらゆる仕事 (作業) に関する【運営オペレーション】

「店舗型の」 ビジネスにおいて 社員・パート・アルバイトを問わず … オーナー ...
Thumbnail of new posts 115

: マネージメント・戦略・戦術

たった1人の苦情の裏側に、大問題の原因が隠れている 「1:29:300の法則」

◎ 新幹線の 「整備不良」 ◎ マンション建築での 「手抜き工事」 ◎ 橋などの ...
Thumbnail of new posts 066

: マネージメント・戦略・戦術

お客様が店舗へ来る!という行動は … 「どこから」 「なにから」 始まっているのか?

チェーン店や個人店など 店舗型サービス業でビジネスをされている 【 広報=PRご ...
Thumbnail of new posts 075

: マネージメント・戦略・戦術

「大義のない」 リーダーは、従業員からの 「人心を得ること」 出来ません!

約2000年前の 中国 「三国志時代」 に そして 日本の 「戦国時代」 に 多 ...
Thumbnail of new posts 187

: マネージメント・戦略・戦術

実は、社長を上回るような決裁権を持っている!… それが、支配人・店長・料理長です!

会社に、ほとんど許可を得ることなく そして、稟議書も、申請書も、報告書もなく   ...
Thumbnail of new posts 118

: マネージメント・戦略・戦術

看板メニューが日常的に売り切れる … 商売をやめた方がイイです!

久~しぶりに 「ミスド」 行ってきました! さて、私の中での 「ミスド・鉄板メニ ...
Thumbnail of new posts 118

: マネージメント・戦略・戦術

「商売失敗の多くの原因」 は 「メニュー価格=価格帯の設定」 についてです!

例えば セブンイレブンで 主要 「30%の品目」 を もし 「30円ずつ値上げ」 ...
Thumbnail of new posts 118

: マネージメント・戦略・戦術

好きか?嫌いか?… そんな不安定なものを 「判断の基準にする」 のは、危険なギャンブルと同じ!

マネージメント (経営) において 経営者や店舗責任者が 何かを考えるときには ...
Thumbnail of new posts 198

: マネージメント・戦略・戦術

「伝える」 ことと、「伝わる」 こととは、まるで 「違う」 別ものです!

「伝える」 ことと 「伝わる」 こととは まるで 「違う」 別ものだ! … よく ...