小さな飲食店が、サイゼリヤに勝負を挑むことだって、不可能ではありません!

飲食店コンサルティング 札幌 北海道 食ビジネスコンサルティング フードビジネスコンサルティング サービス業コンサルティング

この画像を見て
「ピンと来たアナタ」 は
かなりの強者ですね!

この画像は
1942年 (昭和17年) 当時
「大日本帝国」 最大の領域・領土です!

現在の国名で書くと

韓国 (朝鮮半島) へ侵攻し
中国本土へ侵攻し (満州)
フィリピン・ベトナム・インドネシアへ
タイ・カンボジア・マレーシア・ミャンマーへ

「拡大」 に次ぐ
「拡大」 を繰り返して行き

大日本帝国の領域・領土は

この画像のような
巨大なエリアとなっていました

しかし
超・巨大国アメリカに比べて

軍艦・戦闘機・爆撃機でも
そして、武器・兵隊の数でも
圧倒的に少なかった

つまり …
「弱かった」 のにもかかわらず

大日本帝国が
「拡大」 → 「拡大」 → 「拡大」 へと
突っ走って行った

その結果どうなったか?

↓ ↓ ↓

もともと少ない
戦力 (大日本帝国軍) を

侵攻した
すべての地域を守るために
分散して配置せざるを得ず

分散された各地の戦力は
さらに少なく弱いものとなり

アジア各国へと侵攻した
それぞれの地域の弱い戦力では
アメリカや連合軍から守ることは出来ず

弱い地域から
次から次へと、あっという間に
侵攻した地域を奪還され

そして、最後には
日本の首都である
東京も激しく空襲され
→ 全戦・全敗=敗戦=占領された!

「愚者=おろか」 は
「経験」 に学び

「賢者=かしこい」 は
「歴史」 に学ぶ

そして 「聖人」 は
「経験から悟る」

ドイツの名首相であった
「ビスマルクさんの言葉」 です

「歴史が示している事実」 を

私を含めた 「商売人たち」 は
どのように、応用すればよいのか?

↓ ↓ ↓

約2,500年前の
紀元前513年に書かれたという
「孫子の兵法」 の中には

弱者が強者に勝つ
という視点に着目して
書かれている内容が
いくつも見受けられます

↓ ↓ ↓

① 先ず防御あり
  ⇒ 攻撃優先は避ける

② 速戦即決が重要/長期化は避ける
  ⇒ 戦争は 「人・物・金」 の大量消耗戦
   戦いが長引くと
   国家の消耗が大きくなるので
   戦いを長引かせてはならない

③ 戦争は 「正攻法」 と
  「奇襲攻撃」 との組み合わせで
  「無限の戦い方」 がある

④ こちらのペースで戦うようにする
  ⇒ 相手のペースに乗らない

⑤ 自軍の戦力を集中し
  反対に、敵の戦力は分散させる



さらに、お馴染みの下記です!

ランチェスター|弱者の戦略
【弱者は ”局地戦” で戦え!】

◎ 広い領域で戦っては
  少ない戦力を分散されてしまい
  ますます勝つ見込みがなくなってしまう

◎ 逆に狭い領域では
  強者は持っている力を発揮できないため
  弱者側に勝つ可能性が出てくる

飲食店コンサルティング 札幌 北海道 食ビジネスコンサルティング フードビジネスコンサルティング サービス業コンサルティング

「もっとシンプル」 に
私たち小さな会社 (個人事業) に
当てはめてみると

↓ ↓ ↓

例えば …
小さなイタリアン食堂を開店するとして

メニューの総合力や
メニュー全体の 「コスパ」 では

あの、巨大戦艦 「サイゼリヤ」 に
勝つことは、100%不可能です!

しかし、例えば …
「スパゲティ・ミートソース」 だけは

美味しさ・メニュー価格・プレゼンなど

すべてにおいて、サイゼリヤを上回る
そんな 「パフォーマンスの」 お店!

これだったら 「実現可能」 ですし

そのお店が 「勝ち残る」 ことも
不可能ではありません!

飲食店コンサルティング 札幌 北海道 食ビジネスコンサルティング フードビジネスコンサルティング サービス業コンサルティング

中小企業や個人事業
「経営者・経営陣」 の

「4つのフォース」 で
知識+経験+運営能力+情報力

… すべてが決まります!



★ お問い合わせは
  今すぐ 「下記ボタン」 から

↓ ↓ ↓

フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平

▼ 食ビジネス経営の参考書 (閲覧無料)

↓ ↓ ↓

飲食店コンサルティング 札幌 北海道 食ビジネスコンサルティング フードビジネスコンサルティング サービス業コンサルティング


【食ビジネス経営の参考書ブログ 最新投稿】

Thumbnail of new posts 068

: マネージメント・戦略・戦術

呼べば呼ぶほど 「逆効果となる可能性も」 ある!… それが 「企画・イベント」 です!

① たくさんのお客様を 集めるのが先か? ② 提供する商品やサービスの パフォー ...
Thumbnail of new posts 077

: マネージメント・戦略・戦術

「企画」 や 「イベント」 が、思い通りに成果を出す『9つのチカラ』とは?

何かの 「企画」 や 何かの 「イベント」 を行なう時 斬新な 『アイデア』 と ...
Thumbnail of new posts 074

: マネージメント・戦略・戦術

アイデアを実現させるためには 「発案者+3種類のキャラ」 がいるのが、理想形です!

アイデアを実現させるためには アイデアを発案した本人以外に 下記 「3種類のキャ ...
Thumbnail of new posts 128

: マネージメント・戦略・戦術

その 「お客様の声」 って … 「本音」 ですか? それとも 「建て前」 ですか?

聞く相手を 間違っていませんか? その 「お客様の声」 って … 「本音」 です ...
Thumbnail of new posts 109

: マネージメント・戦略・戦術

「先に値段あり」 という消費スタイルが、大多数の一般市民の 「スタンダードな思考」 です!

世の中では 新型コロナの 長期間にわたる影響もあり 日本でも、市民の間に かなり ...
Thumbnail of new posts 074

: マネージメント・戦略・戦術

最低 〇〇〇 円~最高 〇〇〇 円の 「範囲内だったら」 支払っても良い!… お客様から 「瞬間的に」 判断される!

飛行機会社を例として … 高いものを売る! … ということについて考えます ...
Thumbnail of new posts 025

: マネージメント・戦略・戦術

接客内容よりも、ある程度以上の 「接客スピード」 が求められる現場 (業種・業態)

どんなに素晴らしい スマイルで対応されたとしても どんなにキレイな 身だしなみで ...
Thumbnail of new posts 056

: マネージメント・戦略・戦術

3個入りだったら1ヶ月に5~6回行くのに、6個入りだったら3ヶ月に1回かな??

先日も 「銀だこ」 さんの前を通って ★ オヤツに食べようかなぁ~ 実は、1ヶ月 ...
Thumbnail of new posts 000

: マネージメント・戦略・戦術

なぜお客さんが来ないか?ではなく、なぜお客さんが来てくれるのか?

よく言われるフレーズ 反対側から観てみるの 「反対」 って 商売に例えると 具体 ...