少ない賃金でも、やっていける社会が、これからの日本には必須です!

フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平
 

日本の人口は、しばらく増えません!

だから、増えないことを前提に
あらゆる政策を考えることが 「必須」 です!

さて、シンガポールに
ホテル 「マリーナ・ベイ・サンズ」 が
オープンした翌年に …

約3年ぶりくらいで
シンガポールへ行った時の
タクシー運転手の話が

今でも、忘れられません!

チャンギ空港内から
街の中心部に至るまで
多くのロケーションで …

シンガポールは … 「人・人・人」

タクシーの車 … 2年前には …
トヨタ車と日産車ばかりだったのに

わずか、2年間程度で
「ヒュンダイ車=韓国」 ばかり
… と、なっていました!


そして、マレー系民族の
タクシー運転手さんが …

嬉しそうに語っていました (笑)


2年前と比べると
信じられないくらい景気が良い!


自分たちタクシー運転手の給料も
2倍くらいとなって 「笑いが止まらない」


さて、シンガポールの
人口の推移を、見てみましょう!

 2000年:403万人
 2002年:418万人
 2004年:417万人
 2006年:440万人
 2008年:484万人
 2010年:508万人
 2012年:531万人
 2014年:547万人
 2016年:558万人

わずか 「16年間」 で …
人口が 「約40%増えた」 わけです!

そして、いま現在も
… さらに、増え続けています!

子どもが、たくさん生まれた!
それだけではない …

移民が増えた?

それも、大きな原因の一つです!

 
フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平
 

シンガポールは …
ご存知のように 「多民族国家」 です

 ◎ 中国系民族:74%
 ◎ マレー系民族:13%
 ◎ インド系民族:9%
 ◎ その他民族:4%

さて、日本はどうか?というと …

国勢調査開始以来はじめて
人口が減少へと転じました (2016年)

少し前のコラムでも書きましたが …

日本で、いちばん人口が多い
首都、東京ですら …
2020年には 「人口減少へ転じる」
… ということです!

私たち日本の人口は
2016年現在、約1億3千万人ですが

2048年には 「1億人を切る」
2060年には 「9千万人を切る」
… と、言われています

もうひとつ驚くのは
下記の画像のように …

世界各国の人口
「BEST30」 の中で …

なんと、日本だけ
… 人口が減っています!

 
フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平
 

何度も何度も
しつこいくらいに書いていますが

すべての商売は
「お客さんがいるから」
… 成立します!

その、お客さん数の 「源=みなもと」 が
… 言うまでもない 「人口」 です

人口が少なくなれば
同じタイミングで …

 ◎ お客さんも少なくなり
 ◎ 売上が下がり
 ◎ 利益も減り …
 ◎ 働く人の給料は
   下がることはあっても
   上がることは難しくなるでしょう!

小学生が考えても
ほんの数分間でわかる論理です (笑)


さて …
日本の歴史を
… 振り返ってみましょう!

人口が、減って&減って …
1億人を切るのは
近い未来の 「2048年」 (33年後)

そして、過去の歴史で
日本の人口が、ちょうど 「1億人」
だったのは …

… 「1967年=昭和42年」 です!

あの、岡本太郎の 「太陽の塔」
三波春夫の 「世界の国からこんにちは」

50歳代以上の方には懐かしい
「大阪万国博覧会」 が、1970年でした!

ちなみに、日本の人口が
ちょうど 「9千万人」 だったのは …

… 「1956年=昭和31年」 です!


人口が 「1億人」 だった
「1967年=昭和42年」

国家公務員の初任給が
… 「2万5200円=月給」

人口が 「9千万人」 だった
「1956年=昭和31年」

国家公務員の初任給が
… 「8700円=月給」

ちなみに …
たった今現在 (2016年) の
国家公務員の初任給は
… 「18万1200円=月給」 です

全体的な流れとして見れば
国家公務員の初任給は …

1973年~1981年までの
わずか 「8年間」 で 「2倍」 となり
(月給5万円が10万円に)

1973年~1990年までの
わずか 「17年間」 で 「3倍」 となりました
(月給5万円が15万円に)


現在のお話へ戻ります (笑)

人口が少ないのであれば
少ない人口に合わせるように

国民への政治サービスや
行政サービスの量も、少なくなっていく!

… 当然ですよね!

つまり …
あらゆる 「議員数」 や
あらゆる 「公務員数」 を …

 ◎ 大幅に減少させる!
 ◎ または、給料を下げる!

公務員や議員の給料が下がれば

それに並行するように

民間企業が販売している
商品やサービスの価格が下がり

これまた並行するように
民間企業の給料も下がるような
傾向が見えてきます!


だからこそ、いま求められる政策は …

少ない賃金でも
「やっていける社会」

日本の人口が
増加へと転じるまで

または、日本が
海外からの移民を受け入れ

シンガポールのような
人口増加政策を実行する

いずれにしても
20年間~50年間くらいが必要な …

日本が、日本人が …
「耐えなければならない時代」 が

すでに始まっている
… そう思うわけです!

↓ ↓ ↓

「子どもが増える」 → 「人口が増える」 →
→ 「お客さんが増える」 (笑)

★ 小学生でもわかる論理

↓ ↓ ↓

http://amba.to/2dxE8rj

フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平

 

2016 サービス業
「活性化ツール」 各種
フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平セミナー 講演会 フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平


フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平外食ビジネス専門家 有限会社ファインド太田耕平 お問い合わせ ブログランキング・にほんブログ村へ

【食ビジネス経営の参考書ブログ 最新投稿】

Thumbnail of new posts 166

: マネージメント・戦略・戦術

知人・友人を、お客さんとして集めてきて 「あー忙しい」 などと言っているうちは …

中小企業&個人事業の 「店舗型の商売」 では …   「足元商圏」 の人たち そ ...
Thumbnail of new posts 186

: マネージメント・戦略・戦術

波長の合う人ばかり集めて活動していると 「自分=会社」 が 「ダメ」 になります!

 ♬ シブ柿は    シブ柿として使え♪  ♬ 甘くすることなど    小細工で ...
Thumbnail of new posts 102

: マネージメント・戦略・戦術

何度も何度も繰り返し接していると、どんどん好きになって行く!

① ぜんぜん興味のなかった 「商品やサービス」 を … 店頭・ホームページ・SN ...
Thumbnail of new posts 028

: マネージメント・戦略・戦術

新しいことをはじめる時には、現在行なっていることの一部を 「捨てる勇気」 必要です!

普通の生活においても 仕事においても 同じことを 繰り返している方が ず~っと ...
Thumbnail of new posts 029

: マネージメント・戦略・戦術

店舗型の商売であれば、「集客」 についてを 「4段階」 で、考えなくてはなりません!

  ひと口に 「集客」 と、言っても … 店舗型の商売であれば 下記のような 「 ...
Thumbnail of new posts 099

: マネージメント・戦略・戦術

せっかくの良い活動が残念ながら続かない 「元の木阿弥 もとのもくあみ」

せっかくの良い活動が 残念ながら続かないんですよね!  ↓ ↓ ↓ 何ごとにおい ...
Thumbnail of new posts 135

: マネージメント・戦略・戦術

働いている人が、お客様よりも優先される、世の中から消えて行く事業の特徴!

「働いている人ファースト」 の 「考え方が優先」 されているのか? ▼ 働いてい ...
Thumbnail of new posts 020

: マネージメント・戦略・戦術

まずは、お客さんに来てもらわないことには … 何も始まりません!

■ お店をつくって ■ 看板を出して ■ 電気をつければ   黙って放っておいて ...
Thumbnail of new posts 191

: マネージメント・戦略・戦術

大きく分けると 「3種類のお客さんタイプ」 つまり 「3種類の集客活動」 必要です!

▼ お客様が 「行く」 と   「決める」 までの 「流れ」 には 大きく 「行 ...