「子どもが増える」 → 「人口が増える」 → 「お客さんが増える」 (笑)

フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平
 

「子どもが増える」 ということは
→ 「人口が増える」 ということです!

当たり前だぁ~ (笑)

「子どもが増える」 → 「人口が増える」

だから、将来 …
日本国内で消費してくれる
→ 「お客さんが増える」 (笑)


外国人は …
いずれにせよ、いつかは …
今のようには、来なくなります!

日本人による
日本国内での消費を増やす …

つまり【内需拡大】のためには

「第3次ベビーブーム」
… とまでは行かないにせよ

日本国内での …
「子どもつくろう・ムーブメント」 が
… 必要&必須です (笑)


さて、いろはの 「い」

商売の原則と
… ほぼ 「同じ」

利益を維持する
または、利益を増やすためには …

 ◎ 売上を上げる
 ◎ 経費を下げる

… どちらかです (笑)

何を言いたいのか?


「子どもが増える流れ」 は
どんな小学生でもわかるように (笑)
… 下記の通りです!

※ 特異的な例は除きます (笑)

 ① 男女のカップル成立
   (結婚する or 未婚のまま)

↓ ↓ ↓

 ② 男女共同生活での生活が安定する

↓ ↓ ↓

 ③ 子どもをつくると決断する
   (できちゃった〇〇も、あります)

↓ ↓ ↓

 ④ 妊娠する → 出産する

↓ ↓ ↓

 ⑤ 子どもを育てる → 待機児童問題 →
   → 教育問題 → 成長する


ということで、まずは …

① と ② が、達成されなければ

… ③ 以降は、実現されません!

そして …
① と ② が、達成されるためには …

【その時点での、生活の安定】

【将来、数年間に渡っての
 生活の安定が見とおせる】

一般市民にとっては …
この、2点が 「必須」 です!

その 「生活の安定」 を
一般市民は、どのように獲得して行くか?

そこで、先ほどの 「商売の原則」 です!


利益を維持する
または、利益を増やすためには …

 ◎ 売上を上げる
 ◎ 経費を下げる

これを、一般市民の生活へ置き換えると …

 ◎ 給料が上がっていく
 ◎ 生活費が下がっていく
   または、生活費が上がっていかない

まずは、このいずれかが
「現実と」 ならなければ …

「子どもが増える流れ」 の、中での

① と ② は …
達成されないことになります!

だから、子どもは … 増えて行きません!


2016年9月15日に公表された
厚生労働省・出生動向基本調査によると
(結婚と出産に関する全国調査)

独身の男女のうち …

 ◎ 交際相手がいない男性:約70%
 ◎ 交際相手がいない女性:約60%

前回 (5年前) 調査よりも …

 ◎ 男性:14%アップ
 ◎ 女性:20%アップ

どんどん悪化する、この 「結果」 が …
すべてを、物語っていると、思うわけです!

つまり …

① と ② が、達成されていない!

つまり&つまり …

その時点での、生活の安定
将来、数年間に渡っての、生活の安定を
認識できていない!

出生動向基本調査による
独身男女に、交際相手がいない
「大きな理由の一つ」 が …

① と ② との 「達成」 が …
ぜんぜん、イメージできない!

… ということだと、思います


私は、過去に、何度も書いていますが …

実は、多くの …
有名な経済学の先生たちも
同じようなことを発表しています

 ◎ 人口が減っている現実
 ◎ つまり、国内のお客さんも減っている
 ◎ 商売における売上は増えない
 ◎ 中小企業の利益も増えない
 ◎ だから一般市民の給料も増えない

給料は …

たとえ政府が …
どんな経済政策を打ち出しても

たとえ日銀が …
どんな金融政策を打ち出しても

そう簡単には、増えていきません!

なぜなら …

「人口が少ない」 → 「お客さんが少ない」 →
→ 「売上増えない」 → 「利益も増えない」 →
→ 「給料も増えない」

… という 「必然の流れ」 だからです!


さて、こうした
壮絶な日本の環境の中で …

「子どもが増える流れ」 の、中での

① と ② が、達成されるために …

いま、出来ることがあります!

【物価を下げる】という
これまでとは【逆転の発想】

それは …

 ◎ 生活費が下がっていくこと
   (給料は変わらずに)

 ◎ または、生活費が
   上がっていかないこと
   (給料は変わらずに)

このような考え方への 「方向転換」 をして

そして、「子どもが増える流れ」 の、中での
① と ② が、達成された後に …

今度は、③ ④ ⑤ を
クリアして行くために …

そこで登場してくるのが …

【待機児童問題】【教育】
【カネがかかり過ぎる問題】です!


さて …
① → ② → ③ → ④ → ⑤
【子どもが増える流れ】

それぞれの段階で
問題点をクリアして行くことができた時

ようやっと、日本の人口は …
増加へと向かいはじめます!

いきなり、一足飛びで
⑤ まで到達すること、あり得ません!

だから、いま、出来ることは …

「子どもが増える流れ」 の、中での

① と ② を、達成させることだと
… 強く思うわけです!

P.S.
選挙に 「700億円」 もの
税金を使うって …

↓ ↓ ↓

一般市民が抱えている
様々な問題は …

↓ ↓ ↓

「カネがない」 から
後回しだったはずなのに …

↓ ↓ ↓

http://amba.to/2em0CAn

フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平

 

2016 サービス業
「活性化ツール」 各種
フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平セミナー 講演会 フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平


フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平外食ビジネス専門家 有限会社ファインド太田耕平 お問い合わせ ブログランキング・にほんブログ村へ

【食ビジネス経営の参考書ブログ 最新投稿】

Thumbnail of new posts 174

: マネージメント・戦略・戦術

いったい、どこを突っつけば … スタッフのモチベーションが上がるのか?

さて、いったい、どこを突っつけば スタッフのモチベーションが上がるのか? 1人で ...
Thumbnail of new posts 134

: マネージメント・戦略・戦術

上位 「5%」 の 「超・お得意様」 が … どれほど多くの貢献をしてくれているか?

上位 「5%」 の 「超・お得意様」 の お客様たちが 知らないところで どれほ ...
Thumbnail of new posts 195

: マネージメント・戦略・戦術

自分の脚で動いて獲得した 「知見=ちけん」 vs 「本やネットで記憶した知識」 … 「深さがぜんぜん違い」 ます!

“Insight" インサイト … 自動車の名前じゃありません (笑) 直訳する ...
Thumbnail of new posts 081

: マネージメント・戦略・戦術

かっこ良いか?どうか?と、お店の売上とは、関係があるのか?

かっこ良いか?どうか? 私は、その前に … らしいか? らしくないか? それを ...
Thumbnail of new posts 126

: マネージメント・戦略・戦術

まるで 「神の力が働いた」 かのように 「お客さんが増えている」 のは、「4種類の外部の要因の影響」 です!

日に日に 混んできているのを ハッキリ感じ取れるのが 日本生命札幌ビル NOAS ...
Thumbnail of new posts 074

: マネージメント・戦略・戦術

まるで 「友だち食堂?」 … それはビジネスというよりは、趣味の世界?

まるで “友だち食堂" のように 知人・友人を お客さんとして集めてきて 「あー ...
Thumbnail of new posts 021

: マネージメント・戦略・戦術

飲食店のブランディング 「PART3」 … 代表的な 「40個の要素」

  【A】メニュー (商品) による    … 「飲食店ブランディング」 1. ...
Thumbnail of new posts 048

: マネージメント・戦略・戦術

“〇〇〇〇〇のようなお客さん” に来てもらいたい … ブランディング 「PART2」

ブランディングとは … さまざまな解釈があるのですが … その一つが (この画像 ...
Thumbnail of new posts 112

: マネージメント・戦略・戦術

お客様は 「スタッフから説得されたい」 のではなく 「自分自身で納得したい」 のです!

お客様は …  ♬ スタッフから    「説得」 されたいのではなく  ♬ 自分 ...